水虫.com

Top Navigation

Left Navigation

Bayer Links

くすのき皮膚科

手の水虫(手白癬)のいろいろ

手の水虫である手白癬(てはくせん)は、足と違って指の間がよく広がるため、足白癬(あしはくせん)の趾間(しかん)型にあたる症状がなく、角化(かくか)型と小水疱(しょうすいほう)型が見られます。

ほとんどの人が角化型

角化型は手のひらの指のつけ根あたりからはじまり、手のひら全体、指へと広がります。足と同じように手の皮が厚くて硬くなり、ガサガサしてひび割れるようになります。手の場合は足よりも水虫であることがわかりにくく、ほとんどの人が手荒れや湿疹と間違えるようです。両手にできることは少なく、片方の手にできます。通常かゆみはありませんが、手の角化型の人は、指のつけ根に小水疱がわずかにできる人もいて、この場合はかゆみもあります。ずっとつけたままの指輪の下にできるというケースも。また、手に水虫がある人のほとんどは、足にもあるそうなので気をつけて!

小水疱型
小水疱型
角化型(角質増殖型)
角化型(角質増殖型)
前へ 次へ